通関士の通信講座選びの6つのポイント!

通関士の勉強をするに当り、通信講座を受講する方も多いと思います。
すでにお伝えしているように通信講座は、学校選びが全てです。
ここを間違えてしまうと、数万円というお金を使い独学で勉強するようなものですので、 このページは、何度も読み返して理解して下さい。

通信講座の選びのポイント
■DVD講義について(必須条件)
まず確認してほしいのは、DVD講義がついているかと言うことです。
意外とDVD講義を付けていない通信講座もありますので気をつけて下さい。
これがなければ、ほとんど独学と変わりません。 繰り返し言わせてもらうと勉強の基本は講義を聴くことからです。

■DVD講義は専用スタジオで撮影している(必須条件)
やはりDVD講義の場合は、映像の質がものを言います。
これが従来のように教室(通学講座)での講義模様をそのまま撮影しているものだと通信講座に不向きです。
理由は以下のようなことが上げられます。
●講師と目線が合わず、臨場感や迫力に欠け、勉強していて眠くなる。
●携帯電話の音や雑音が入り音質が悪くなる。
●理解の遅い受講生に合わせて講義するので、重複説明が多く、聴いていてイライラする。

上記とは逆に専用撮影スタジオを使ってハイビジョン撮影していると講義だと 講師と目線が合いマンツーマンで勉強しているような感覚になり、迫力もあります。
また、通信講座専用に撮影しているものですので、通学講座の講義をそのまま撮影しているものと違い、見たいところから勉強を始められます。

■テキストについて(必須条件
市販されているテキストと逆に通信講座のテキストは、ページ数が多くないものがベストです。
そのようなテキストだと出題範囲が絞られ、無駄な勉強をするリスクを回避できます。
また、フルカラーになっていることで脳に刺激を与え、記憶しやすくなっていたり、 図表を使いながらわかりやすく説明されていたりするのもポイントです。

■問題集について
効率良く学習できるように、出題頻度がわかるような工夫をされていることがベストです。
例えば、この分野のこの問題は良く出題されるのか、それほど出題されないのかと言った感じです。
本来なら、問題集は、解説がわかりやすいことがベストですが、残念ながら通信講座の場合は、 それがわからないので、このような工夫をしているところが良いでしょう!

■受講者のフォローについて
受講者のフォローの一番の条件は、質問・疑問に答えてくれることですが、今の通信講座の場合、ほとんど対応しています。
その他にもインターネットで講義が聴けたり、テキストを受けられたりするe-ランニングや 試験の新着情報を発信してくれることも必要です。

また、今後は携帯電話の学習も盛んになってくるはずですので、携帯学習システムもあれば 尚良いと思います。

■受講料について(必須条件
通関士の通信講座の場合、受講料はどんなに高くても6万円以内です。 それ以上はNGです。
資格系の学校の場合、通信講座に直接関係ない、教室の賃料も受講料に含まれていることが多く、 その分受講料が高く設定されています。
ですが、それは講座の内容とはまったく関係のないお金ですので、高ければ良い内容だと言う認識を持たないことです。

以上が通信講座の選ぶポイントです。
必須条件と書かれているところは必ず守ってください。 何も書かれていないところは、絶対ではありませんが、出来るだけその条件が 含まれている通信講座を選んで下さい。


通関士通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら
【No.2】TAC
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。通信講座よりも通学がオススメ。
⇒詳細はこちら
【No.3】ユーキャン
CMでおなじみの安心感。映像での講義がないのでコストパフォーマンスに若干の不満あり。
⇒詳細はこちら