通関士の難易度!合格率から見る通関士突破法

通関士試験の難易度の目安になる、合格率を見ていきます。

年度 受験者数 合格者 合格率
平成17年 9,953人 2,466人 24,8%
平成18年 10,357人 725人 7,0%
平成19年 10,695人 820人 7.7%
平成20年 10,390人 1,847人 17.8%
平成21年 10,367人 807人 7.8%
平成22年 9,490人 929人 9.8%
平成23年 9,131人 901人 9.9%
平成24年 8,972人 769人 8.6%
平成25年 8,734人 1,021人 11.7%
平成26年 7,692人 1,013人 13.2%
平成27年 7,578人 764人 10.1%

合格率にバラツキがありますが、それは平成18年度に試験内容が変更したことによるもので、数字が安定していません。
ただ、一番最近の試験では合格率が10%前後で、過去6年の内、3回も1ケタ台になっています。
つまり、合格率を見る限り通関士の難易度は高いといえます。

それともう一つ見ていただきたいのが、受験者数です。過去を見ても毎年ほぼ一定の数に収まっています。
ここで何がいえるのかと言うと、実は受験者数でも通関士の難易度が計れるのです。

TOPページで通関士試験の3割くらいは合格レベルに達していて、その他の人は
合格点に程遠い人と説明しました。
と言うことは、毎年同じような受験者数の通関士の試験は、受験者のレベルも毎年一定だといえます。

これが、受験者数が年々増加した場合、様々なレベルの人が増え合格率は下がりますが、実際の難易度は合格率ほど難しくありません。
逆に受験者数が減った場合、真剣に試験対策をする人の割合が多くなり、合格率よりも難易度が高く感じることがあります。

つまり通関士試験のように受験数がほぼ変わらなければ、合格率と同じくらいの難易度だと言えるのです。
もっとわかりやすく言えば難しい試験だということです。

少し厳しい話をしましたが、これが通関士試験の現実です。
このサイトでは皆さんに簡単に合格できるとか、わずか数時間の勉強で合格できるとか、幻想をお話するつもりはありません。
あくまでも、現実を知っていただき、どうすれば通関士試験に合格できるのか、
その情報をお伝えできればと思っております。

しかし、何度も言いますが、学習の基本をしっかりと守ってもらえれば決して合格できない試験ではないのです。
多くの方がそれを理解せず勉強するので不合格になってしまいます。

まずは、通関士の難易度は高く、難しい試験だと理解してください。
それが合格への第一歩です。


通関士通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら
【No.2】TAC
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。通信講座よりも通学がオススメ。
⇒詳細はこちら
【No.3】ユーキャン
CMでおなじみの安心感。映像での講義がないのでコストパフォーマンスに若干の不満あり。
⇒詳細はこちら