何故独学で通関士の勉強をするのか?

通関士の試験を独学で勉強する人が非常に多いと感じます。
確かに通関士の勉強を独学でした場合、全て自分でコントロールできるので、勉強のしやすさはあります。
その上費用も比較的に安く抑えられ、多くの人が独学を選択してしまう気持ちはわからなくもありません。

しかし、通関士の試験を独学で勉強するメリットはほとんどないと思います。
現に通関士に不合格になる人達の多くは独学です。

通関士の独学と言うのは、全てテキストだけで理解しなければいかず、それだととても覚え切れません。
また、出題範囲も出題傾向も掴めず無駄な学習が増え、その結果勉強量が多くなるので挫折するのは目に見ています。

そもそも多くの方は何故通関士の勉強を独学でするのでしょうか。
私は、本気で合格したいと言う気持ちが足りないかだと感じています。

学生時代、受験勉強をする際は、学校の勉強では飽き足らず、塾に通っている人がほとんどです。
それは、本気で希望の大学や高校に入りたかったからでしょう。
たぶん、独学で勉強しようとは思わなかったはずですし、独学で勉強したら合格できないとわかっていたはずです。

しかし、通関士の試験となれば、なぜか独学で勉強してしまっているのです。
通関士の試験はそんなに簡単ではありません。

もちろん中には、経済的な事情で通信講座や通学講座受講できないと言う人もいるかもしれません。
ですが、今の通信講座なら格安で講義が聴けたり、充実したテキストや問題集を用意してくれたりするところもあります。
下手をすると、独学で模擬試験や法改正の講座を受講すると考えれば、通信講座の方が安い場合があります。

このサイトでは、学習の基本を守れば通関士の試験に合格できると説明しました。
その基本となる一つが講義を聴くことなのです。
これは、何も特別なことではなく、皆さんが学生時代からやっていることです。
通関士の勉強を独学でした場合、その基本が守れません。

本気で通関士になりたくて、資格取得を目指すなら可能な限り独学は避けるべきです。
あくまでも目標は合格なのですから。

通関士通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら
【No.2】TAC
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。通信講座よりも通学がオススメ。
⇒詳細はこちら
【No.3】ユーキャン
CMでおなじみの安心感。映像での講義がないのでコストパフォーマンスに若干の不満あり。
⇒詳細はこちら