通関士試験は知識と実務能力が問われる!

通関士試験は、年に1度行なわれる国家資格で、この試験に合格しなければ通関士になる権利が与えられません。
通関士を目指す方は、まずこの通関士試験に合格しなければいけないのです。

但し、通関士試験は、難易度が高く、ここ数年の合格率を平均しても10%台、最近では1桁になることも珍しくありません。
そのため受験することは誰でも可能ですが、肝心な通信士試験に合格できなくて悩んでいる方が、非常に多いのです。

確かに通関士試験は、普段聞きなれない専門用語や複雑な仕組みの実務能力が問われるので、 取っ付きにくさもあり、理解するのに時間もかかります。
現に実務経験者が有利と言われている資格ですが、それでも不合格者は多数います。

しかし、通関士試験は、学習の基本である、「知識を正確に理解し、学習量をこなす」ということをしっかりおこなえば決して合格できない試験ではないのです。
多くの不合格者はここがしっかりと出来ていないと感じます。

というのも通関士試験に限らず、資格試験に置いては、受験者のレベルにばらつきがあります。
一概に言えませんが合格レベルにある人は全体の3割程度で、その他の多くの人は、 合格に遠く及ばないレベルの人達なのです。

その証拠に試験に申し込んでも受験しない人は毎年3000人近くにも及びます。
理由は色々あると思いますが、それだけ本気で試験に取り組んでいる受験者が少ないとも言えるのです。

ですから、そういった受験者が多くなり合格率も低くなってしまいます。

そこで、通関士試験の合格を目指す方に向けて、合格するための基本をこれから紹介していこうと思います。
通関士試験に合格するには、特別で画期的な勉強法など必要ありません。
基本的なことを理解し、それをひたすらこなせば良いのです。
非常に参考になると自負しておりますので、合格を目指す方は最後までお付き合い下さい。


通関士通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら
【No.2】TAC
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。通信講座よりも通学がオススメ。
⇒詳細はこちら
【No.3】ユーキャン
CMでおなじみの安心感。映像での講義がないのでコストパフォーマンスに若干の不満あり。
⇒詳細はこちら